ナース調教

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「先生…今日もお疲れ様でした…」
薄明かりの灯った部屋に、恵理子の声が微かに響く。
その言葉をかけられた青木はただ黙ってベッドの上で手を頭の後ろで組んだまま上を向き、寝転がっている。
視線は天井を向き、恵理子に一瞥も向けない。
恵理子はそのまま微動だにせず立ち尽くしていた。静寂が時を支配する…。
「ククク…」
唐突に青木が半身を起こし、含んだ笑い声を上げる。
恵理子の表情は動かない。
「恵理子君、今日の業務は何だ?あれじゃ病人を誘惑する淫乱看護婦だ…」
相変わらず恵理子には視線を向けず、青木は言葉を続ける。
「最後の親父なんか、顔を真っ赤にしてやがって…傑作だったなァ」
医者とも思えない科白を口にしながら、青木はケラケラと笑った。
「先生が…そうしろと仰ったんじゃないですか…」
ようやく、恵理子が重い口を開ける。
「おいおいおい、俺は何もそんな事は言ってないぞ。クランケには優しく接してくれ、と言っただけだ」
青木はニヤニヤと笑みを浮かべる。
恵理子は俯いたままだ。
「それをわざわざこんなミニまで穿いて…そんなに男が欲しいのか?」
そう言い放つと、青木は恵理子の体をグイと引き、ベッドの上に押し倒した。
「ぁ…」
恵理子の口から微かな声が洩れる。
スカートの下から白いストッキングに包まれた形のいい尻が覗いた。
「淫乱女め…」
青木の手が恵理子の下半身を撫でる。
「ハァ…ァ…もう…こんな事、やめて下さい…」
恵理子は抵抗しながら、それでもその身をよがらせる…。
青木はそんな言葉に耳を貸さず、恵理子の下半身を愛撫し続けていた。
つま先から腰までをストッキングの上から舌でゆっくりとなぞって行く。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル