ゲームをしながら…

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
その日はいつもと同じように私の家で男友達とテレビゲームをしていた。
私はベットの上に俯せになりながら彼はその前で胡座をかいていた。
「もう飽きたから私少し寝る」
私が言うと「俺も少し寝て帰るよ」と言ってきた。
私が笑いながら「横に来る?」と冗談ぽく声をかけると彼は笑う事なく私の上に飛び乗ってきた。
私は急な事でびっくりして「まじふざけないでよ!重いよ!!」と抵抗したのだが、ふと気付くと私のお尻に何かがあたっている…
それはどんどん大きく硬くなっていく…その感覚に意識を集中していると彼はタオルケットを足元から捲りあげた!
私はミニスカートだったので反射的に足を閉じた「ね、やめてよ」私はまた抵抗しはじめた。
彼は俯せの私に馬乗りになったままスカートの中に手を入れてきた。
最初はお尻をサワサワ触って私が少し気を抜いた瞬間に知らぬ間にぐちゃぐちゃになっていた私のお○こに指が入ってきた。
「アッちょっと何してるの?やめてよ」
抵抗してみるものの、その指使いにもう今すぐにでも入れて欲しくなった。
彼は手を休める事なく自分のズボンを脱ぐとそのまま私のま○こ汁を自分のち○こになすり付け、何も言わずに入れてきた「あっあああぁ〜」私は体をのけ反らす。
彼は休む事なく私の一番奥をせめたてる。
「もうダメ!もっともっと奥もっともっと私にちょうだいぃ〜」
私の言葉に彼は反応したらしく「一番奥に出すから!!」といい私の一番奥にドクドクと流し込んだ…
それ以来私達はゲームをしながら、まるで亀の親子のように下に私上には彼が休む事なく腰を振っている


[はな箸]
この作品の著作権は「はな」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル