〜再婚〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
今度は祐司のターンだ。
首筋から鎖骨の辺りにかけて舌を這わせ、手はパジャマをすり抜けて中へ。
上着のボタンを上から順に外しながら、器用に下も脱がせていく。
鎖骨から下に下りてきて、ブラを外して乳首に吸い付いた。
「ん…はぁ…。」
今の反応で和花の弱点が判明した。
祐司は下への攻めを緩め、両手と舌を胸へと集中させた。
「やぁ…、おっぱい弱いのぉ…。」
右の乳房を揉みながら、人差し指の先は乳首の先端を転がすようにする。
乳首の先が固くなってピンとしてきた。
一方左は舌攻めだ。
舌先で転がしたり、軽く噛んでみたり、ちゅうと音を立てて吸ったりしてみる。
和花の肌が汗ばんできた。
弱点さえ判ればこっちのものだと果敢に攻める。
「だめぇ…もう…んぁぁ…。」
切ない声を聞いていると、自分を休める為だった前戯入れ替えも逆効果かと思われた。
「和花さん…、いいかな…。」
長期戦にはならないと踏み、そろそろ祐司も限界だったので最後の展開に入った。
「じゃあ、入れるよ…。」
祐司はゆっくりとペニスを押さえて和花の秘部に当てた。
「いい…よ…。」
正常位の形で挿入していく。
狭い膣内を押し込むように祐司のペニスは入っていった。
「っく…きつ…。」
「んんん…はぁぁ…。」
根元まで入りきらないかと思ったくらい狭くて、中まで入ってみると膣内がうねるように絡み付いてくる。
「すっげ…絡み付いてくる…。」
所謂名器と言うやつだろうか、こんなのは初めてだった。
「いいよぉ…動いて…。」
祐司は最初はゆっくりと腰を動かし始めた。
----------------
<< <[*] 8 9 10 11 12 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル