〜再婚〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「こんにちわ祐司君。今日からこの家で一緒に暮らす事になったから、よろしくお願いします。」
和花は深々とお辞儀をした。
「あっ、えーと、散らかってますけど、よろしくお願いします…。」
意味の解らない事を口走りながら、つられてお辞儀を深々とお辞儀をしてしまった。
どうにもこの人のペースには乗せられてしまうようだ。
昨日父が、今は使っていない母親の部屋を掃除して和花が入れるようにしていたので、そこにとりあえず引越しの荷物を入れてもらった。
引越しの荷物と言っても洋服とかその辺の生活品くらいでそんなに家具とかの大層な荷物ではなかった。
なので特に手伝うような事も無くまた居間のソファーに寝っ転がって漫画雑誌を読んでいたが、家の中に自分と同じ年の女性が居ると、自分の家なのに何故か落ち着かない。
「祐司君、ごめんなさい、ちょっと手伝ってもらえる?」
と和花の声がした。
呼ばれて行くと、しばらく使わない物を高い場所に物を置きたかったらしいのだが、いかんせん和花のサイズでは届かなかったらしかった。
台の上に椅子を置いて、何とか一人でやろうとしていたようだが、ぐらぐらしててとても危なかったので、
「あー、俺やるから、危ないから降りて…あっ!」
と言って瞬間振り向いた拍子に、和花がバランスを崩した。
「きゃあっ!」
「っぶねぇ!」
反射的に駆け寄ってバランスを崩して台から落ちそうになった和花を抱き止める。
間一髪、地面に落ちる前に受け止めた。
「あ…あぶないから、そういう時は呼んで…。」
「ご、ごめんなさい…ありがとう…。」
ふと右手に柔らかい感触を感じる。抱き止めた拍子に胸に手が当たってしまっていた。
焦って手を離して咄嗟に誤った。
「あっ、ごめん、いや、これはその…。」
しどろもどろになりながらも何とか体裁を繕おうとしたが、上手く言葉が出てこなかった。
「ふふ、気にしなくていいのよ、家族なんだから。」
「ま…まぁ、そうだけど…。」
和花は掃除用にしていたエプロンをぱんぱんと払って立ち上がって手を差し伸べてきた。
全くどっちが助けに行ったのかわからない。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル