〜再婚〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
母親が亡くなってから誰かのまともな手料理を食べる事が少なくなり、外食が多かった食生活に潤いが戻った気がした。
見栄えから期待を裏切る事無く、もうレストランで食事なんかしないぞと思うくらいの味付けだった。
この人は完璧なまでの理想の妻、理想の母になるだろう。
食事を終えて部屋に戻り、ベッドの上に寝転がる。
「はぁ…やばい、やばいぞ親父…。」
その夜は自分の母親になった女性に悶々としながら浅い眠りについた。
それから3ヶ月ばかり悶々とした生活は続いていた。
だいぶ慣れては来たものの、相変わらず手に触れたりすると緊張したり、食事にじーんとしたりする生活だ。
そんなある日、父親が仕事の出張で1週間家に戻らない事になった。
「親父…どこまで俺を苦しめる気だ…。」
祐司は虚空に向かって恨めしい声で呟いた。
「じゃあ行って来るからな、和花さんをよろしく頼むぞ。」
父は家に同じ歳の若い2人を残して出て行った。
祐司はこの1週間、まともな神経で居られるか正直自信が無かった。
「祐介さんは1週間戻ってこないのね、寂しいけど、祐司君が居るから平気ね。」
和花は父を見送った後に祐司を見てにっこり笑ってそう言った。
「はは…俺が正気で居られるかが問題だけどね…。」
父親が出張に出発した日、その日の夜から和花と二人きりだった。
変な事にならないようになるべく自室から出ないと言う計画を密かに立て、食事以外は顔を合わせないようにし、バイトもそそくさと出て行ってそそくさと帰って来た。
そんな調子で2日が過ぎたが、まだ半分も終わっていないと鬱になったりしていた。
3日目になり、朝起きて食事をしながらTVを見ていると、どうやら今夜から台風が来るらしかった。
窓の外を見ると暗く、空は灰色の雲でびっしりと覆われている。
バイトに行くのが嫌だなと思いつつ、行かなきゃ仕方が無いので用意して家を出た。
台風の影響か仕事が暇だったので定時きっかりで仕事から上がり家に戻る。
仕事先から出て来る時に丁度降り出した大雨に当たり、一応と持ってきた傘ではしのげたものでは無かった。
ずぶ濡れで何とか家に辿り着くと、和花がバスタオルを持ってパタパタと走ってきた。
風呂も入れておいてくれたらしく、とりあえず先に風呂に入る事にした。
温かい風呂に浸かっていると、色々な事が頭をよぎる。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル