〜再婚〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
風呂は何かと色々な事を思い出す事が多い場所だ。
何時の間にか、さっきパタパタとタオルを持って走ってきてくれたのが自分の奥さんだったらなぁとぼんやり考えていた。
「いかんいかん!!」
変な妄想が頭を占領し始めてきたので、ざぶんと頭まで湯船に潜ってすぐに風呂から出た。
風呂から上がると食事が用意されていた。
毎日毎日食事が美味くて天国のようだ。
今日も今日とてじーんと感動し、はっと我に返ってはまたじーんとしてまるで一人芝居のようだった。
食事が終わる頃に丁度我に返ったタイミングだったので、とっとと自室に戻る事にした。
部屋に戻って本を読んだり音楽を聴いたりしてるうちに何時の間にか日付が変わるくらいの時間になっていた。
ちょっと早いけどする事も特に無いし、今日は早く寝ようかなと思った所で、窓の外が眩しく光って、数秒後に怒号のような雷の音が飛び込んで来た。
「うおっ!」
余りの大きな音に思わず声が出る程だ。
カーテンを開けて外を見ると、真っ黒の雲が空を覆い、隙間から黄色い光が漏れて、ゴロゴロと言う音が鳴り響いていた。
「停電にでもなったらかなわんな…寝よ寝よ…。」
そして布団を被って眠ってしまう事にした。
寝付く間に数回、大きな音が窓の外からした。
最初は驚いていた音も次第に慣れてしまい、そのまま浅い眠りにつこうかと言う所で、トントンとドアをノックするような音が聞こえたような気がした。
気がしただけなので放って置いたら、
「祐司君…もう寝ちゃったかな…。」
と和花の声がした。
がばっと飛び起きてドアを開けるとドアの外には、パジャマ姿の和花が立っていた。
親父が居ない間には一番見たくなかった姿だなと思いつつ、
「どうしたの…?」
と聞いてみると、
「ごめんね…寝てたの起こしちゃったかな…。」
と申し訳なさそうに下を向いていた。
「布団は被ってたけど起きてたよ、何かあったの?」
聞くと、和花は下を向いたままちょっともじもじしながら、
「あのね…恥ずかしいんだけど…雷が…怖くて…。」
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル