〜再婚〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
そしてとうとう一緒の布団に入る事になってしまった。
外はまだ豪雨が窓を叩きつけている。
「じゃあ…今日だけでいいからよろしくね。」
「はぁ…とりあえず…。」
祐司は煮え切らない返事で和花と一緒に布団に入った。
布団に入った刹那、窓の外がビカっと光った。
「きゃああっ」
和花が胸元に飛び込んで来た。
「うぉっ!!」
思わず声が出た。
もちろん雷に驚いたわけではない。
数秒後、窓が振動するくらいの勢いで轟音がした。
「うわ…どっか近くに落ちたか…。」
和花は胸元で、祐司の寝巻きを掴んで小さく縮こまってふるふると震えていた。
「や…ぁん…雷嫌いぃぃ…。」
今にも泣き出してしまいそうな声だ。
しかも和花の頭が、丁度髪の毛が祐司の鼻をくすぐる位置にあった。
『ヤバい…いい匂いが…。』
もう理性の限界が見えた気がした。
自分の理性の限界点なんてこんなものだと自己嫌悪に走りそうになる。
また窓の外がまぶしく光った。
和花はビクっと体を震わせて、今度は首に手を回して頬と頬が触れるほどに距離に飛びついてきた。
「いやぁぁぁん」
絵だけ見ると、なんて興奮するシチュエーションなんだろうと思う。
実際頼って抱きつかれている訳だから悪い気はしないが。
もう辛抱堪らない、この機に乗じて役得とばかりに和花を抱きしめた。
「あー…、ここには落ちないと思うから大丈夫だよ…多分…。」
気休めを言っているのは自分への言い訳だった。
女性の細い体を抱きしめたのは久しぶりで、思わず理性の枷が外れて股間が膨らみ始めた。
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル