真実の愛

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
真っ直ぐに沖本の顔を見据えてそう言った私に、かなりびっくりした顔をした後に少しうわずった声で
「またまた〜」
なんて冗談っぽく言った。
「ほんとだよ。」
すごくまじめな顔をして言ったから流石に笑って流す雰囲気ではなくなってしまった。
間をおいてから沖本はとんでもないことを言い出した。
「じゃあさ、俺が芹沢の事、買うよ。」
「はぁ!?」
「金払うなら誰だっていいんだろ?」
意外にまじめな顔をして素でそんな事をいわれたから、かなりびっくりした。
「あんた自分が言ってる事意味わかって言ってるの?」
「わかってるよ。俺が芹沢の事買えば、援交なんてしなくていいだろ?」
「そりゃあ…。でも知り合いから金取ってやるなんてできないよ…。」
「じゃあ援交なんて辞めたら?」
「そんな事あんたに関係ないでしょ…」
うつむいたまま言う私に沖本は少し恥ずかしそうに、でも真剣にこう言った。
「それが関係あるんだな。俺、好きな女他の男に抱かれたくねぇもん。」
目を丸くして驚く私に沖本は続けて言った。
「一年の時からさ、芹沢の事好きだったんだ…。」
「えっ?なんで?」
すると少し溜め息をついて
「普通なんでとか言わねぇよな…。」
と言いながら、また私の方に向き直った。
「一年の時、中庭の隅で泣いてる芹沢を見かけてさ、すごい美少女ってので有名で、友達だっていて、いつもクールな女の子が泣いてて、びっくりしたんだ。でも自分は何も出来なくて、それから芹沢の事目で追うようになった。」
「もしかして、それだけのことで?」
「そんでさ、ずっと見てたら、芹沢が本当はすごい奴だってわかって、え〜となんて言うんかな…。」
そう言いながら沖本は頭を少し掻いた。
その姿がなんかよくわからないけど面白くて、思わず笑ってしまった。
「何がおかしんだ!!」
少し顔を紅くしてそう言った沖本の事がなんだかたまらなく愛しく思えた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル