〜飼育〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
コツ…コツ…コツ…
廊下を美夜が歩いている。
この家には窓が殆ど無い。
昼間だというのに日の光は差し込まず、点々と存在するランプの明かりだけが通路を照らし出す。
美夜の手には鎖が握られていた。
彼女はたくさんのペットを飼育している。
鎖の先には鎖に繋がれたそんなペットのうちの一匹が繋がっていた。
彼女は廊下の突き当たりにある扉の前に立つ。
口元だけでクスリと笑うと、腰にぶら下がった鍵の束から扉の鍵穴にぴったりと合う鍵を探す。
ペットは大人しくそんな美夜のそばでじっとしていた。
躾が行き届いているのだろう。
キィィ…
金属の擦れ合う音が響き、重厚な鉄の扉が開かれた。
「大人しくしてた?」
美夜が声をかける。
すると“女性”はぴくりと反応した。
「大人しくしてるなら、鎖で繋いだりしないのに…」
そんな美夜の言葉にも“女性”は体を震わすだけで声を出さない。
…いや、出せない。
白い肌はじっとりと汗で滲んでいる。
皮製のベルトで後ろ手に腕全体を縛られ、天井から伸びた鎖に繋がれていた。
顔には目隠しをされ、猿轡を巻かれた口からは呻き声だけが洩れる…。
美夜のペット、その多くは“人間”だ。
「んん…んんん…」
鎖に繋がれた“女性”は呻き声を上げ、体を捩る。
だが到底その縛めから逃れる術は無かった。
コンクリートが剥き出しの部屋を、美夜はゆっくりと進む。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル