ハマる私

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「俺の顔みて。」
「恥ずかしくて見れないよ…。」
「ほらココ。舐めるよ」
そう言うとクリを舐めた。
絶妙な舌の動きに私は体をくねらせた。
時に激しく、そして時になぞるようにクリを刺激し続ける。
「あんっっ…。ダメっ、イキそう…っ。」
そう言うと、彼はクンニを止め、私のマ○コを見つめる。
「ヒクヒクしてるの自分で分かる?」
その時のじれったさは何とも言えない。
「…お願いします。イカせて下さい。」
彼は嬉しそうにまた私のマ○コに顔をうずめる。
もう、イキそうなのにワザとゆっくりマ○コを舐める。
だんだんアソコの奥がじんじんしてきて痛いぐらいになってきた…。
「い…入れて…」
「何?聞こえないよ…。」
「入れて下さい。」
「何を?」
意地悪な言葉。
もう、私は頭が真っ白になってきて、
「私のおマ○コにあなたのチ○コ入れて下さい…っ」
と言ってしまった。
「いいよ。」
すると彼が入ってきた。
彼のモノはもうビンビンで、でもあたしのがヌルヌルですごくスムーズに入ってしまった。
「あっ…気持ちいい…んっ…っ」
たまらなくなり、私から彼にキスをし、舌を絡ませた。
「おまえ、すげーイヤらしい…。」
腰の動きが速くなっていく。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル