〜式神〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
どこか、この近くで“気”の鬩ぎ合いを感じる…。
花梨は部屋を飛び出すと、さっきいた道場の方へ走っていった。
「!!?」
花梨が道場に着くと、隅に父親の姿が見える。
花梨が駆け寄り、その肩に触れようとしたとき、花梨は父親が既に事切れている事に気付いた。
「そんな…お父さん!…誰が…こんな!?」
花梨の声が道場に響く。
…ふと後に気配を感じ振り返ると、いつの間に現れたのか、そこには悠然と立つ桐子の姿があった。
「桐子…あなたがお父さんを…?」
花梨の鋭い視線が桐子に向けられる。
周囲の空気が一瞬で張り詰め、花梨は間合いを取るかのように一歩あとずさった。
「その男はね…実力のある私じゃなく、実の娘であるあんたを後継者にすると言ったのよ。…死に損ないのジジイのくせに、私をコケにしたのよ!」
桐子の口調に怒りが篭る。
「そんな…だからって殺すなんて!!」
花梨の怒号が桐子に向かう。
「あんたには私の気持ちはわからないだろうね…。だけど、この男が死んだ以上、後継者は私達二人で決めましょう…」
「馬鹿言わないで!あなたなんか…あなたなんか!!」
花梨が後ずさりながら叫ぶ。
その声は怒りとも恐怖とも取れるような、そんな声だ。
桐子はそんな花梨を睨み付けた。
「あんたみたいな腰抜けが、後継者!?ふざけないで。私こそが後継者にふさわしいのよ!」
桐子はそう言うとゆっくりと花梨に近づいていく。
花梨の顔がどんどん青ざめる。
自分の力では桐子には勝てない、そう考えているのは誰の目にも明らかだった。
「いや…来ないで…。孤鷲!!助けて!!」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル