あの場所で

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ね、名前は何て言うの?」
「悠太。」
「あたしは優菜、二人とも『ゆう』だね。」
「ほんとだ。」
「ここ、あたしも来てもいい?」
「うん、僕しか知らなかったから僕しか来てなかったけど、別に僕の持ち物ってわけでもないし。あ、でもあんまり広めないでは欲しいと思うけど…。」
優菜はくすくすと笑って、
「大丈夫、あたしだってこんな綺麗な場所を人にむやみに教えたいとは思わないよ。」
「そっか、じゃあいいよ。」
「ありがと、じゃあ今日はもう帰るね。」
「あ、うん。またね。」
優菜はにこっと笑って雑木林の中へと消えていった。
消えていく後姿を見ながら仲良くなれるといいなと思った。
それから何度か一人で足を運んだけど、優菜は姿を見せなかった。
相変わらず一人でここで本を読んだり、うたた寝をしたりしてこのお気に入りの場所で過ごす日々。
優菜と初めて会ってから1週間が過ぎた時、図書室から借りた本が後ちょっとで読み終わるなとか思いながらあの場所へ行くと、白いTシャツと短いジーンズの人影が見えた。
「あ…。」
ちょっとドキっとした。
少し遠くから見えた横顔は、何か物思いにふけっているような、憂いを帯びた表情に見えた。
また立ち止まって動く事が出来ないでいると、向こうがこっちに気付いて手を振った。
まだ少しどきどきしたまま、彼女の元へと向かう。
「久しぶりだね、ずっと来てたの?」
優菜は手で眩しい日差しを遮りながら聞いた。
「あ、うん。いつも学校が終わるとここで本を読んでるから。」
「そうなんだ。」
「うん、周りに人が居たりすると集中出来なくて。」
「あ、じゃああたしが居ると邪魔になっちゃうかな。」
「あ、本を読んで無い時は別に邪魔じゃないよ。」
「じゃあ今日は?」
手に持っていた本を後ろにさっと隠して、
「今日は読書はしないから、いいよ。」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル