あの場所で

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「や…恥ずかしいよぉ…。」
でもどんどん溢れて来るようで止まらない。
下着をこれ以上汚してはいけないと思って、優菜のショーツを脱がせた。
優菜の下の毛は薄く、ほぼ無いと言ってもいい位だった。
優菜を寝かせて、両足を開かせてみた。
「だめ…ぇ…恥ずかしいからぁ…。」
優菜は両手で顔を覆って恥ずかしそうにした。
でも今度いつ会えるかわからないし、優菜の全部を感じておきたかったので止めない事にした。
優菜の太ももに舌を這わせ、太ももを伝う愛液を舐めた。
舌が痺れるような味がして、その匂いでたまらない気分になっていく。
「あっ…んんぁっ…。」
優菜の秘部に触れてみた。真ん中の辺りから愛液が溢れ出すように零れていた。
不意に優菜の手が自分のモノに触れた。
「く…。」
自分ももちろんそんな事をされたのは初めてで、思わず声を出してビクンと震えてしまった。
「悠太君も…気持ちよくしてあげたい…。」
優菜の手がペニスを擦る。尿意とは違う感覚が奥から込み上げて来る。
「うあっ…ああ…。」
優菜はペニスを上下にしごいてみたりして刺激してくる。自分でするのとは全く違う快感が体を巡る。
「よくわからないけど…こうするんでしょ…。」
恥ずかしそうに赤面した優菜はペニスを口に含んだ。
「あっ…ちょっ…。」
情けない声を出してしまった。優菜の舌がペニスに絡みついてくる。
先端の割れ目に沿ってちろちろと舌先で舐め、口に含んで上下にゆっくりと動く。
ほんの数秒の事だったのに、もう飛び出しそうで我慢出来ない。
「あ…出…るぅっ!」
先端から精液がほとばしった。瞬間、ペニスを咥えていた優菜の口を何とか引き離す。
「はぁはぁ…ご…ごめん…。」
優菜の胸に精液がべっとりと飛び散った。
----------------
<< <[*] 6 7 8 9 10 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル