ナンパ

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は、ナンパ目的で友達と二人で繁華街に出かけた。
そこで、俺達は、片っ端らから声を駆けまくり、
3人グループの女の子達と気が合い遊ぶ事になった。
名前を聞くと
「クミ、ユミ、マチ」
答えて、ゲーセンやウィンドショッピングをしていたら、友達と女の子の一人が居なくなってしまい
抜け駆け去れた、思って居たら、女の子達もその事に気付き、クミが
「マチが居ない、何処に行っちゃっただろ」
言ってきて、俺は
「多分、友達と一緒に何処に行っただろ」
意味ありげに言うと、女の子達も気付き、またクミが
「私達もクタビレちゃった。横になりたいなぁ、ユミもそうでしょ、何処で休もうよ」
言い、ユミって子も頷き、俺は近くにある、ラブホ街に行き、複数でも入れるホテルに入った。
入ると、ユミって子がオドオドしていて、俺は
「ユミちゃんは初めてみたいだね」
言いながら、俺はどうせだからSMの出来る部屋を択び、3人でエレベーター乗ると、何やら小声で話しを始めたが、二人の話し声が聞こえ
「お姉ちゃん、マズいよ」
「元々、ユミが望んで居た事でしょ、私もホテル初めてなんだから」
二人の話しを聞き、二人は姉妹でユミとは出来ると、心弾ませて、部屋に入れた。
部屋に入ると、妹のユミが
「お姉ちゃん凄いよ、全てガラス張りで、トイレもお風呂も丸見え、お風呂はバスタブもガラスだよ」
言って、大ハシャギして、姉の方は圧倒して、口ごもってしまい、何度か生唾を飲み込むのがわかった。
俺はクミの肩を抱き、ソファに座らせて、缶ビールを出してきて、ユミも座り、3人で飲みながら
「エレベーターの中での話し声が聞こえちゃって、ユミちゃんは今日は何かを望んで居たんだって」
言って、ユミの肩に腕を回すと頷き、向くと、ユミも俺の方を向き、キスを交して、俺はユミをベッドに連れて行きセックスを始めると、ユミが
「初めてだから、優しくして」
言ってきて、俺は
「わかってる」
言って、キスをして、服を脱がし、ユミは背は低いが胸は有り、Fカップ位有る、俺は
「魅力的な体だ」
愛無を始めると、感じやすい体で、舐めているだけで、一度逝ってしまい、入れる前に、ユミにフェラとパイズリを教養し、してから、処女を奪った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル