ナンパ

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
入れると、痛がり、俺は最初の内はゆっくりと入れて行き、徐々に腰の動きを速めて、十分に処女を堪能して、中にぶち撒けて、抜くと精子の中に血が混ざりながら、溢れ出て来て、俺は出て来た、精子をすくい
「開通した証だよ」
言って、血が混ざった精子を見せると
「ありがとう」
言って、グッタリしてしまい、俺も横になって、クミの方に目をやると、興奮してオナニをしていた。
俺が隣に行っても気付かずに、クミはユミと違い胸は大きく無いが、胸を揉むで初めて気付き
「これは、違うの、ヤメて」
言ってきたが、払い退け様とせず、俺は止めずに
「何が違うだ、本当はしたいだろ」
言ってスカートの中に手を入れて、パンツを触ると濡れていて、脇から指を入れて、直接触ると、クミは、あえぎ声を漏らし、触るのを止めると
「止めないで」
言ってきて、俺は
「続きは、ベッドでだよ」
言って、クミを立ち上がらせると、クミは従い一緒にベッドに行き、ユミの隣に寝かして、服を着たまま、続きを始めて、俺は徐々にに服を脱がし下着姿にすると、クミが
「これ以上は恥ずかしいから」
言い、俺は
「恥ずかしがる事は無いよ」
言って、ブラジャーを取ると、形の良いお椀型で俺は
「俺好みのオッパイだよ」
言い、舐め回し、最後のパンツに手を掛けると、クミは、物凄い抵抗してパンツが破けて、クミがパイパンである事が解った。
無毛の土手を触りながら
「ますます俺好みだ、剃っているの、脱毛しているの」
言って、土手を舐め回していると、クミが
「昔から生えないの」
恥ずかしがりながら言い、俺は喋るのを止めて、舐め始めると、クミはオナニーの時より、あえぎ声が大きくなり、入れ様とすると
「本番は許して、彼氏だけなの」
言ってきて、俺は
「今は俺が彼氏だろ」
言って、入れた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル