奥様は痴女

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私の名前は原山夏樹37歳、
10年前に恋愛結婚して白銀に住んでいるの。
主人は外資系企業の重役で1つ年上の38歳、
結婚生活には不満は無いけど私には主人や周りの奥さん達には言えない秘密があるの。
それは私が痴女で有る事、主人を会社に送り出すと手早く洗濯と掃除を済ませると、私だけの部屋に入り着替え始める。
大きな姿見の前に立ち普段着を脱ぎ捨て下着姿になると乳首が硬くなりアソコが濡れてくるのが判る、そしてゆっくりと焦らす様にブラを取りパンティ脱ぐと余計に体が火照り始め自分自身を慰め始める。
主人とのセックスには不満は無いけど、どうしても此の性癖だけは知られたくない。
いや、知られたら離婚されてしまう。
そんな背徳な気持ちに駆られながらも私はアソコに右手の指を出し入れし左手で乳房を揉みしだき乳首を摘む。
やがて絶頂に達すると私はクローゼットからピンクのキャミとミニスカートを取り出し身に着ける、勿論下着は身に着けない。
ノーブラ&ノーパンでナチュラル系のメイクを施し外出する。
閑静な住宅街だから周囲には誰も知り合いは居ないから安心して出掛けられる、それに此の時間帯は掃除をしている方が大半で安全な時間帯なのよ。
私は電車に乗り当てもなく街を徘徊する、無論男性達は私の姿をジロジロ見てくる。
それだけでアソコは疼き淫らな淫水が溢れ、乳首が硬くなり始める。
私は実年齢よりも10歳も若く見られる為、若い男性によくナンパもされるの。
すると長身で二枚目の青年が近寄って来て
「ねぇ、今日暇?暇なら俺と遊ばない?」
と声をかけてきた。
私は即座にOKして腕を組んで歩き始めたわ。
彼の視線は私の胸元をチラチラと見ているからとあるビルの裏手に連れ込んで熱い口付けをかわしたの、彼ったら急にそんな事されたからどぎまぎしてたけど私はお構い無しに彼のズボンのファスナーを下ろし逞しい男根を出すと口に含んであげたの。
彼ったら驚いていたけど私の頭を持ち自らも腰を降り始めたの、やがて絶頂に達したようでくぐもった声を出して私の口の中に出したけど全て飲み込んで、今度は彼が私に奉仕する番。
彼は胸を優しく揉み、やがてキャミを持ち上げ乳首を両手で愛撫しながら荒い息を吐きながら乳首を吸い始めたの。
優しく舌で転がしたり軽く噛んだりしてまるで遊び慣れている様だったけど私のアソコは洪水の如く濡れていて、そして彼のしなやかで細い指が私の淫らなアソコを弄り指を入れ始めたの。
そして
「こんなに濡らして仕舞うなんて淫乱なんだね、栓をしなきゃ駄目だね」
と言うと私の左足を持ち上げ膝を曲げた状態にさせ逞しい男根を有無も言わさず挿入してきたの。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル