マネージャーと僕(3)

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
【ジュルッ…ジュルッ…ジュルルッ】
「戸田さん!!駄目です。あぁっ…」
戸田さんの口の中に、溜まりに溜まっていた僕の精子を出してしまった。
「すいません…。」
と謝る僕の前で、戸田さんは僕の精子を全部飲み干し、
「私、まだ気持ち良くなってないよ?まだ、大丈夫だよね??」
と言いながら、タマを右手で触りながら、左手に掴んだ僕のチ○ポの先を舌先で舐めた。イッたばかりの僕のチ○ポは敏感で、すぐにまた元に戻った。
「アハッ♪元気、元気ぃ♪♪」
と笑って立ち上がり、戸田さんは慣れた手付きでブラジャーを外した。
そして僕を見上げ、やらしい目つきで急に
「三宅君…キスして??」
と言われた。僕は言われるがまま、自分の頭で何度もシュミレーションした方法でキスをした。
自分の精子の味がして、それを想像すると少し気持ち悪くなったが、それどころではない。
キスをしながら体をそっと入れ替え、机に座らせた。そして一度唇を離し、見つめ合うと、
「舐めて…」
と、シャツを脱ぎ捨てた。続く


[3箸]
この作品の著作権は「3」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル