〜相談〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「もう16歳なのに…、どうしてなんだろう…。」
「あ…そ、それは〜…。」
「お兄ちゃんは色々な女の人の…その…見た事あるの?」
「やっ!それは無いよ!2人くら、あっ。」
「別にお兄ちゃんのそういうのを聞きたいわけじゃなくって…、その、自分のが普通なのか変なのか不安で…。」
「あ…そう、ごめん、すごい焦っちゃった…。」
微妙に気まずい空気が部屋を漂った感じがして、二人ともしばらく俯いたまま黙ってしまっていた。
しばらくして圭介から口を開いた。
「あのね、何かで見た事あるんだけど、全く生えない人もいるんだって。個人差があるみたいだから、生えないから変とかそういうのじゃ無いと思うよ。」
「本当?私、変じゃない?」
「まぁ…医者とかじゃないからはっきりは断言出来ないんだけど、でもそんなのは病気とかそういうのじゃないと思うけどね。だって、そこだけじゃなくても薄い人とか濃い人はいるでしょ?」
「うん…。」
「だから、そんなに頻繁に人に見せるものでもないし…、落ち込むほど心配しなくてもいいんじゃないかなとは思うよ。」
「そう…かな…。」
「そうだよ、だって夏とかで水着を着る時とかさ、手入れしたりするでしょう、女の人って。だからそういう手間も省けていいかな〜くらいに思っておいた方がいいと思うよ。」
「恥ずかしくて人前で着替えとかあんまりしたくない…。」
「あ…ごめん…、例えが悪かったか…、でもほら、わざわざ剃っちゃう人も居る位だから…あぁ、もう何言ってるのかわからなくなってきた…。」
「お兄ちゃん…お願いがあるの…。」
「あ…何?俺で出来る事なら…。」
「あのね…」
「私の…見てみて欲しいの…。」
「う、ええぇぇ!?」
圭介は思わず声を上げてしまって、はっとなって手で口を抑えた。
「見て…って、あそこを…?」
「うん…。」
「そんな…だってそんな大事な所を見せるなんて…。」
「大事な所だから、お兄ちゃんに見て欲しいの…。」
「や、ほらお母さんとかに見てもらった方がいいんじゃないの…?」
「お母さんだとそんな馬鹿な事気にしなくていいとか言われそうだから…。」
「あ、うん、そうかもしれないけど…。」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル