〜相談〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
小さくて丸いクリトリスがぴょこんと顔を出した。
「は…んっ…。」
葉子が少し声を出した。
圭介はもう虜にでもなったように葉子の秘部から離れる事が出来ない。
「すごい綺麗で、可愛いよ…。」
指でクリトリスに触れてみる。
小さかった突起が充血して少しづつ硬くなっていく。
「やっ…んんっ…お兄ちゃん…。」
葉子は自分でも触った事のない場所から始めての感覚を感じ、体を振るわせた。
「もうちょっと確かめても…いい?」
圭介はもっと顔を秘部に近づける。
「何か…熱くてじんじんする…。」
圭介は葉子の割れ目に舌を這わせてみた。
「ひゃうっ!」
葉子が声を上げた。
圭介はもう理性を抑える事を完全に見失っているようだ。
「お…兄ちゃんっ…、アソコが熱いよ、何か…来るみたい…。」
圭介は割れ目からクリトリスまで舌を這わせ、クリトリスを唇で挟み込んでちゅうっと吸ってみた。
「ダ、ダメっ、何か来ちゃう、来ちゃうよぉぉ…。」
クリトリスを舌で転がして、時々吸う。
加えて指は割れ目をなぞるように刺激し、奥からどんどんと頭が痺れるような味のする蜜が溢れ出てくる。
「ダメ、ダメ、来る、来るよぉ、ダメぇぇぇっ!」
葉子の全身がびくんと躍動し、合わせて秘部から透明の液を圭介の顔面目掛けて勢い良く噴出した。
「っは…、わ、わぁぁっ!」
行為に夢中になっていた圭介は潮吹きを顔面に受けて正気を取り戻した。
焦って掃除をして、葉子にスカートを穿かせ、えぐえぐとすすり無く葉子を目の前にどうしていいかわからなくなってしまう。
「あの…、ごめん、あんまり綺麗だったから…ごめんね…。」
圭介は生まれてから今までで最大の自己嫌悪に襲われた。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル