やめられない

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「お、お義父さん?」
「そっくりだ…初めて晶子ちゃんに会ったのは、晶子ちゃんが高校生の頃だよね?その時から思っていた…やっぱりよく似てる」
「え?」
話を聞くと、若い頃の恋人に私がそっくりだというのだ。
さっき流していた涙も彼女を想ってだという。
お互い本当に愛し合っていた。
お互いの為なら全てを捨てていい程。
結局引き裂かれ一緒にはなれず、彼女は五年前に病に倒れ、若くして亡くなったと聞いているそうだ。
その彼女に私が瓜二つ…そんな小説の様な話しが本当にあるのだと、感慨深く思った。
ふと太ももに何か触れるのを感じ、目をやると義父が手をのせている。
「お義父さん?」
「昇平と呼んでくれ」
「ちょ…やめてください!」
「今だけでいいんだ、昔に戻らせてくれ」
「でも…」
「頼む」
涙目で懇願され、よほど彼女を愛していたのだろうと気の毒になり、流れに身を任せることにした。
「幸代さん」
「あ…」
彼女の名前であろう名前で呼ばれて身を引き寄せられ、口づけられた。
クチュ…
「ん…」
濃厚なキス
。義父の手は私の内ももを優しく撫でている。
「あ、あのもうこれ以上は」
私も変な気持ちになってしまう。
「大丈夫幸代、怖くないよ」
義父には私がかつての想い人にしか見えていないのか…
再び口づけられ、太ももにあった手は胸へと移動していた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル