捨て猫

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「はにゃぅっ、にゃうぅ…。」
ニュウは内股になってもじもじと恥ずかしそうだ。
俺はニュウのアソコをくにくにといじり、舐めたりしてみた。
段々と濡れてきて人間と全く同じようだ。
すると突然、ニュウが俺のペニスをぺろぺろと舐めだした。
「っく…。」
猫みたいに少しざらざらとした感触だ。
「にゅぅ〜、はぐ…。」
俺の息子ももうはちきれんばかりに膨張し、ニュウのアソコももうびちゃびちゃに濡れていて、もうこれからする事はひとつしかない状態だ。
俺はニュウを四つんばいにさせ、後背位の状態になった。
「飼い猫と…やっちゃうのか…、まぁ夢だしいいか…。」
俺はいきり立ったモノをニュウのアソコに当てて、
「ニュウ…入れちゃっていいか…?」
と一応聞いてみた。
「にゅぅ〜、ご主人様と一緒に居たいからお好きにして下さい…。」
俺の理性のネジは全部吹っ飛んだ。
ニュウのアソコに押し当てたモノをゆっくりと挿入する。
「にゅっ…うぅぅ…。」
ゆっくりと挿入していき、そして根元まで入ってしまった。
俺はもう我慢出来なくて動かし始めた。
「ふぅ…ふぅ…、っく…。」
暖かい感触に腰を動きを止められない。
「にゃっ、にゃぅぅっ。」
段々と動きが激しくなっていく、もう飼い猫とSEXしている何て思えていない。
「にゃ、ごしゅじん…さまぁ…ニュウはずっと…ここにいてもいいです…か…にゅぅうっ。」
「ニュウっ…やべ、もうっ…!!」
「にゅううううっっ!!」
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル