優しい彼

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「帰えらんといて。」と抱きついていると必然的に、彼は気持ち良さそうに胸に挟まれている。
そして、服を上へあげて私の胸のてっぺんを口でペロペロし始めた。
次第に私のアソコがうずいてきた。
思わず彼の顔に胸を押し付けた。
母親が赤ん坊にお乳を飲ますように彼を抱えてうつぶせになった。
私は、この体勢の方がより感じる。
「あぁ〜。あっアン!!!」
より感じるところでは、声をあげて感じる。
そうすると、彼は私のためにより激しく攻めてくるからだ。
彼のアソコもビンビンになってきていた。
私の声に欲情して大きくなってしまうのだそうだ。
「可愛いいから…我慢出来なくなった。」
彼は、私のアソコを指で動かした。
「これ、何本手を入れてるの?」
「ん?1本やで」
「んふぁ、そうなんや。」
「じゃぁ、これは何本やと思う?当ててみて…」
「あんっ2本?」
「正解…じゃぁ、次は3本やで。ははっどう?」
「ああぁんっ激しい!!」
私はこらえきれず、イッてしまった。
彼は優しく笑い、キスしてくれた。
「入れてもいいか?」
私は力が入らず、返事をしなかった。
彼は様子を見ながら、丁寧に彼の物を私に入れてきた。
「あぁ〜気持ちいい…」
彼はそう言ってゆっくりと動かした。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル