Tel…1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「梨香ぁ・・・したくない?」
夜11時 いつも通りあきらから電話が入った。
「うん・・したい♪」
電話Hのことだ。
私とあきらは掲示板で知り合った。
私の体のムービーを見てコメントをしたのがあきらだった。
「どんなかっこ?」
「んとね〜 シャツ!!」
始める前 必ず服装をチェックする。
「シャツだけ?下着は?」
「来てないよ〜★"」
寝る前はあまり着ないのだ。
「あいかわらずイヤらしいやっちゃな。すぐびちゃびちゃなるからやろ?♪」
「あきちゃんがすぐできるよにだよ〜(笑)」
「分かってるならしよか♪もう濡れてるやろし触って」
実際私のおま○こはびちゃびちゃだ。
最近はあきらの声を聞くだけで体が熱くなる。
「・・んっ・・・あ」
「どなん?濡れてるんやろ?」
「うっ・・ん・・・」
「早く触りたいやろうし中入れてええで♪壁をちゃんとこするんやで?」
大抵あきらはそう指示する。私がそこが弱いのを知ってるから。
「・・・んあっ ああっ」
「いっぱいするんやで♪俺がしてる思って」
「あっ・・やあんっ あきちゃんっ」
「ん?もうイキそうなんか?♪」
あきらとするとすぐイッてしまう。
実際のHじゃないからわからないけど、すごく感じる。
「あきちゃっ・・・もおだめえっっ」
「ええよ♪ ・・・イッて」
「んっ・・・あっあっ・・ああ――――っ」
体力のない私はすぐ息を切らしてしまう。イッたあとは落ち着くのに時間がかかる。
「梨香〜 なあ今度あわへん?」
確かに住んでるとこは電車で1時間とかからないから会えるだろう。あきらは23で私は17、少し不安もあったが 私は会うことにした。
「ん〜 ええよ♪日曜は?」


[緋亞箸]
この作品の著作権は「緋亞」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル