喪失1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
彩美「ふーん、いい男ではないけど、君、可愛いわね」
俺「え…?そ…そうですか?」
彩美「もしかして?まだヤッたことないの?」
俺「えっ?あっ!そ…それは…じ…実は…」
彩美「そうなんだ!じゃあ彩美とシテみる?」
と言い終わらないうちにいきなり唇を塞がれた。
俺「うっ&¥☆★○$」
初めてキスした女性の唇はプルプルして柔らかかった。
彩美「どう女性の唇は?あれれ?何だか固いのがあるわ。どうしたの?これ?やだあキス位で固くなって」
と言って俺の愚息をズボンの上からナゼナゼしてきた。
俺「あ!ひっ!ひゃあ!ちょ!ちょっと」
彩美「なあに?どうしたの?あれれ?…まさかもうでるなんていわないわよね?」
俺「そ…その…でそう」
彩美「えっ?あれ?あらぁ!でちゃたのね、早いけどまあ仕方ないわ。そのままだと気持ち悪いだろうからズボンとパンツ脱いじゃおうよ!」
と彩美に言われると俺はズボンを下げパンツも脱いだ。
彩美「…ふーん」
俺「ど…どうしました?」
彩美「さっき出したばかりなのにもう大きくなってる。おまけに太くてビンビン青スジまで浮きでてるわ。こんな男根初めて見るわ!」
と言うと彩美は俺の愚息をそっとなぜたかと思うとパクッとくわえた。
俺「え?な?何を?う…う…うーん…く…はぁ…」
彩美「ジュルジュルジュルチュパチュパ…んふぁ…どう?女性に初めてフェラされた感想は?チュル…チュル…キモチイイ?」
俺「き…気持ちいいです…ふ…ふぁ」
愚息の先や周り、それから腰の辺りを経験した事のない甘美な快楽が包み込む。
彩美「どう?イキそう?イッてもいいわよ」
俺「は…ふぁい…で…でちゃう」
彩美「ジュル…ジュル…チュパ…チュパ…んー…ぶぅぇ…はぁ、また沢山でたね。相当溜まってたんだね。」
俺「は…はあ…す…すいません」
彩美「なんで謝るの?いいのよ、まだまだ物足りないでしょ?じゃあ今度はタカミチ君が彩美の事気持ちよくしてくれる?」
俺「あ…は…はい!」
彩美「こっちに来て」
俺 「は…はい」
彩美 「キスしていい?」
俺 「は…はい」
彩美の腰に手を回し唇を奪おうとした瞬間
「バチンっ」
俺 「っ…な…なにを?」
彩美「気が早いわよ。いくらなんでも逢ったその日にHさせる訳ないでしょ。今日はここまで。来週また逢いましょ。」
と言って彩美は帰ってった
続く


[たかぼんぼり箸]
この作品の著作権は「たかぼんぼり」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル