見知らぬ女

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
美月
「ジュルジュル…チュパチュパ…チュ…ジュル…ジュル…ヤッたかヤッてないかわからないHなんて損だわ。どうせならちゃんとイカせてもらいますからね。」

「えっ?ひぁ…。」
美月
「ふふっ…どうしたの?責任とって私が満足するまでイッたらダメよ。いい?」
朝立ちの空元気なイチモツはみるみるうちに力を漲らせた。
美月
「ほら、自分ばかり気持ちイイ想いしてないで私も気持ち良くして。」
というと美月は臀部を俺の顔の前に突き出した。
臀部のワレ目を広げると愛液を滲ませたクレバスが顔を覗かせている。
俺はそこに指を一本入れゆっくり掻き回した。
美月
「んん…あぁん…そう…いいわぁ…うぅん…あん…ああん…指…二本にしてぇ…あぁん。」
言われるまま中指もクレバスに入れ少しスピードをあげる。
美月
「アァァーン。イイ…もっと…もっと擦って…アァァン…アンアン…アァァン…イイ…アァァン…あ…ダメ…イク…アァァン…アンアン…アァァン…イクイク…アァァーン…。」
美月は身体とお○んこを痙攣させイッてしまった。
美月
「ハア…ハア…なかなかやるわね。さぁ…入れるわよ…。」
美月はそういうと俺の上に誇りイチモツを掴みクレバスに導いた。
美月
「ぐっ…んん…ハア…ア…アァァン…久しぶりのお○ん○ん…ハァ…たっぷり堪能させてもらうわ…アァァン…アンアン…アンアン…アァァーン…。」
美月は俺にしがみつき腰を振り出した。
美月
「アン…アンアン…アンアン…アンアン…イイ…アンアン…アンアン…イイ所にあたる…アンアン…アァァーン。」
美月が腰を振るたびに愛液が滲む陰毛がジョリジョリっと音をたてる。
美月
「アァァン…またイキそう…アンアン…アンアン…アァァン…アンアン…アンアン…イキそう…イク…イク…ダメ…イク…アァァーン…。」
美月は二度目の絶頂を迎えた。
そのまま美月をベットにねかせ今度は俺の番。
美月を抱きしめディープキスをしてそのまま高速ピストン。
美月
「アァァーン…アンアン…アンアン…アンアン…イイ…アンアン…アンアン…あぁ…またイク…アァァン…アンアン…アンアン…アァァーン…イク…イク…ダメェ…イッちゃう…アァァーン。」
美月はまたイッてしまったみたいだが構わず腰を振り続ける。
美月の痙攣してるお○んこをひたすら突きまくる
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル