姉と姪ッ子1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「違うは、撮らないで」
言って、いるが愛液が言葉と裏腹に物語り、俺は指ですくい上げて
「コレは、なんだ最初の男を忘れないって聞くが、姉貴もそうか」
姉は何も答え無いが、感じているのは、明らかで、そのまま挿入すると、姉は手枷と足枷をしている事で萌え上がり、アエギ声も大きく成って、一人で逝った。
「今度は俺にも逝かせろよ」
言って、填めたままで手枷を外し、姉を起こし、騎乗位を始めた。
最初は姉が動いていたが、気持ち良く無かったので、下から突き上げると、姉はアエギ声が奇声に変わり、潮を噴いて、逝ってしまったが、俺も逝くまで続けて中に出した。
最後にまたフェラをさせて、精子まみれのマ○コを広げて撮り
「これからも遣ろな、嫌がれば、どうなるか分かるな」
ビデオを持って帰り、その日に見ながらDVDに焼き回しをしていると、マイが遊びに来て、マイにも母親のセックスを見せていると
「マイも早くして観たい」
言って来て
「最初は痛いよ、痛いのガマン出来る」
「どの位痛いの」
「お兄ちゃんは男だから、痛さが分からないけど、ママが最初の時、痛がって泣いて居たよ」
「ママ、痛がって無かったよ」
「ママは沢山しているから、気持ち良さそうにしているだろ」
「マイもママみたいに成れる」
「マイも成れるよ、ママはお兄ちゃんが教えただから」
「なら、する。マイ痛いのガマン出来るも」
言って、とりあえず、マイとお風呂に入り、マイにフェラをさせた。
俺もクンニをして、確認をすると意思が変わらないので、俺は念願の少女とのセックスに興奮したが、マイに隠し、まだ固いマ○コを指で広げ、もう片手でマイを動けなくして、入れ始めると、マイは今までに無い叫び声を上げて泣き叫び、俺は止め様と思ったが、これで最後と思い入れられるだけ入れた。
入れた状態でしばらくとどまり、マイの様子を見たが、叫び声を上げたままで、俺はチ○コを抜きマイを慰めたが
「叔父さんの嘘つき、全然気持ち良く無い」
言って姉が来るまで泣き止まずに、姉がマイに聞いて来たが、何も言わずに帰った。
俺はもうマイは来ないと思ったが翌日も来た。


[蟻箸]
この作品の著作権は「蟻」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル