蕾花の芽吹き[入会1]

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「千那さん、お願いしていた物は持って来てくださいましたか?」
「あ、はい。これ…です」
「ありがとうございます」
渡されたのは血液検査の結果と性病検査の結果、それと免許証だった。
両検査結果と免許証に目を通し、次にパソコンへと入力していく。
入力し終ると、今度は画面を千那に向けた。
「それでは千那さん、この内容に誤りが無ければ完了ボタンを押してください。押してくださった時点で契約完了となります。もし契約を中断したければ消去ボタンを押してください。その時点でこの契約は無かったことになります。その際、千那さんへの負債は一切ありません。全ては千那さん次第です。また、今回契約を中断なさっても後一度だけ契約する機会があります。ですので、今回は今の千那さんの心のままにご選択ください。何か質問しておきたいことはございませんか?契約事項と重複していても構いませんよ」
「あ…えっと、大丈夫…です」
「そうですか。では、お好きな方をお押しください」
暫く思案した千那がボタンをクリックしてから画面を確認すると、そこには入力完了の文字があった。
「ありがとうございます。これで契約は完了いたしました」
「は、はい」
「それでは、今後のことに深く関わることですので、以前パソコンでご入力頂いたこちらのアンケートに誤りが無いかご確認下さい。これは千那さんのために必要なことですので、例え恥ずかしくとも真実のみをご記入下さいね」
「わ、わかりました」
渡された小冊子を開き、内容を確認している千那を失礼にならない程度に観察しながら、パソコンの社員名簿を開く。
佳楠が暫く社員の名前を見ながらその性格や性質を考えていると、その間に千那の確認が終わったようだった。
「もう宜しいのですか?」
「あ、はい。大丈夫です」
佳楠は返された小冊子をぱらぱらと確認してからパソコンと共に鞄へ入れた。
「お疲れさまでした。これで契約は全て完了致しました」
「あ、ありがとうございました」
「ところで千那さん、この後に何かご予定はお有りですか?」
「い、いえ、特に何も…」
「そうでしたか。もしよろしければ、私と一緒にいらっしゃいませんか?どのようなことをするのか、気になっていらっしゃるでしょう?」
「え、えっと、その……はい」
「では、参りましょうか」
千那と共に外へ出ると、佳楠は何処かへ電話を掛けた。
『はい』
「最中にすみません侑弥(うみ)。今からそちらに行きます」
『わかりました佳楠さん。それでは』
「はい」
十秒程の短い通話を済ますと、佳楠は千那を伴い歩き始めた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル