堕ちたわたし

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
目が覚めるともう敵に抵抗する気力も無くなっていた。
それどころかもっと気持ちい事をして欲しいと考えてしまい考えるとマ○コからマン汁が溢れてしまうようになってしまっていた。
敵はわたしが起きたのに気付くとわたしに近付いてきてわたしの唇と敵の唇をを重ねた。
そしてわたしの口内に敵の舌が侵入してきた。
「ん、ん〜と」
わたしと敵のキスはとても激しく、荒々しかった。
「プハァ」
わたしと敵の放した舌が糸を引く。
そしてわたしはそのまま敵の豊満なおっぱいに顔を落とし
「あなたのおっぱい吸っても良い?」
と敵におねだりをした。
敵は
「良いわよ」
といい私の頭を撫でながら答えた。
わたしは敵の豊満なおっぱいを強弱をつけて吸いだした。
「あ・・良いわよあなた!もっと吸って」
といいわたしの頭を撫でている。
わたしは敵の乳首を甘噛みする。
「あ・・」
と喘ぎながら敵は、わたしの乳首を摘まむ
「あ・・」
今度わわたしが悶える。
敵は
「ふふふ、可愛いわねあなたのおっぱい」
といいわたしの乳首を摘まみながらわたしの口を塞いだ。
わたしはてきの豊満なおっぱいを揉みながら敵と唇を重ねる。
「んん〜」
二人の喉かコクリとなった。
しばらくしてわたしと敵はわたしが上になり敵がしになってお互いのマ○コを舐めあっていた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル