竹田の指導員

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
何故生活指導室にそんなものがあるのか、知子には理解できなかった。
既に竹田によって同じような目に合った女生徒がいるのだろうか。
竹田は怯える知子を見てニヤニヤしながら猿轡を知子の口にはめ、更にローターまで取り出す。
「んん…」
猿轡をされて声を出せない智子に竹田は
「知ってるだろ、これ?」
と言い、スイッチを入れ、振動するそれを知子の目の前でブラブラと振った。
知子のブルマの中にそれを捻り込んだ。
「ん…ッ!!」
知子の体がビクンと一瞬痙攣する。
それを見て竹田は満足そうな笑みを浮かべた。
「どうだぁ?気持ちいいか。知ってても使うのは初めてだろ」
そう言うと竹田は更に縄を取り出し知子の体を縛る。
こんな教師に襲われ、縛られ、全く望んではいない状況にもかかわらず、クリトリスに当たるローターによって知子の秘所は徐々に湿り始めていた。
「ん…んん…」
竹田はブルマの中で振動するローターを更にブルマの上から押さえつけ、更に知子の胸を愛撫し始める。
「気持ちいいんだろ…。いままでの奴らもみんな気に入ってたぜぇ?」
竹田は知子の耳元でそう囁く。
やはり今までにもこのエロ教師の餌食になった生徒がいるらしい。
おそらく、さっきの生活指導員もこのことを知っているんだろう。
だからこそ今までバレずにこんな教師がのさばっているのだ。
竹田は立っていられなくなった知子を机の上に座らせ、カメラでその姿を撮影した。
パシャ!という音と共にフラッシュで知子の恥ずかしい姿が明るく照らされる。
「…記念写真だ」
竹田はそう言うとカメラを部屋の隅に置き、怯えた目をする知子に顔を近付けた。
「…怖い顔するなよ西橋ぃ。気持良くしてやろうってんだぜ?」
そう言うと竹田は知子のブルマを掴み、ローターがより強くクリトリスを刺激するようにブルマを引っ張り上げた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル