竹田の指導員

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
知子はようやく終わった事に安堵し、竹田はそそくさと後片付けを始めている。
心を許さない相手とのセックスはこれほどまでに苦痛なのか、知子はそんなことを考えていた。
初めて経験したときでも、今日に比べれば気持ち良かった、と。
「西橋ぃ、気持ち良かったぜぇ。」
無知な竹田は服を着ながら笑みを浮かべる。
「…また、相手してもらうからな。写真、ばら撒かれるのは嫌だろ?」
さっき“これっきりにしてやる”と言ったにもかかわらず、竹田はそう呟いた。
元々そんな気は無かったんだろう。
この一言で、知子の心の何処かが壊れた。
知子はベトベトになっている体をタオルで拭くと、無言で生徒指導室を後にした。
帰り際、竹田が
「本の事は黙っといてやるからよ」
と後ろから声をかけたのも聴こえていないようだった…。
数日後、竹田から再び知子にお呼びがかかった。
知子は竹田に言われたまま放課後の生徒指導室へ足を運ぶ。ポケットにカッターナイフを忍ばせて- END
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル