夜景を背に

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
彼は私のA歳上
マサシ☆AD歳…
夜景を見ながらちょっとイイ感じになった2人は…どちらからともなく、軽くキスを重ね…
次第に互いの体を触り…
狭い車の中で2人は互いのものを求め合う…
マサシは私のアソコをグチュグチュ、ペロペロと舐め上げる…私はマサシの舌の動きに我慢ができず声がもれてしまった…
『あぁ〜ダメ、リン恥かしいよぉ〜』
するとマサシは
『恥かしい??確かにこんなにグチョグチョじゃ〜恥かしいよなぁ』と微笑みながらいやらしい目付きで言ってきた
言葉攻めに弱い私は、その言葉にかなり感じてしまった
そんな私の様子をすぐに感じとったマサシは…
乳首を舐めて、吸って、噛んで…
そして右手では私のアソコを掻き回した。
あまりの快感に耐えられず私は…
『マサシぃ〜やめてぇ〜あぁぁぁ〜出ちゃうよ〜何か出ちゃうぅぅ〜あぁ〜』
マサシの手、そして車のシートまでもビッショリ…
『お前やらしいなぁ〜、こんなに漏らして、お仕置だな!!車の外に出ろ!!』
私がマサシの言葉に戸惑っていると…
私の腕を掴み外へ…
外にはチラホラ、夜景を楽しむカップルの車が…
誰かに見られているかもしれないドキドキ感が更に私の体を熱くする…
そんな私にマサシは…
『おい、コレ何か判るか??』
そう言うと車のダッシュボードから先の細目なバイブを取り出した…
『これ、どこに入れるか判るか??』
私は首を横にふった
『これは、今から、お前の尻の中に入るバイブちゃんだぁ!!』
『無理だよ…痛いでしょ??無理…ほんとに無ぃ…あぁぁ〜痛いぃ〜あぁ〜はぁぁぁん』
容赦なくバイブは私のお尻に差し込まれ、マサシは激しく、それを動かした…
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル