山中の秘事

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
震えはだんだんと大きくなり、一人の力では立っていられない程に力が抜けてゆく。
「こんなの…嫌なのにぃ…」
言葉ではまだ抵抗を続けているが、小百合の体は既に火照りきっていた。
両胸の乳首はすっかり勃起し、秘所も愛液でじっとりと濡れている。
「小百合のここ、こんなになってるぜ?」
嬉々とした口調で解説しながら、隆文は小百合の秘所を観察する。
隆文が小百合のショーツを引っ張り上げ、秘所の割れ目に食い込ませると、小百合の秘所はヒクヒクと妖しく動いた。
「すっげぇ…。もうビショビショ。気持いいか?」
そう言うと隆文は小百合の秘所に口を当て、舌を膣に捻り込んだ。
「ひあぁン!!あ…はァ…気持…いいよ…」
小百合も遂に快感に理性が完全に支配されたようだ。
「あッ…!あッ…!」
隆文の指が小百合の膣に進入すると、小百合も指の動きに合わせて喘ぎ声を洩らす。
「小百合も自分で気持良くなるようにしていいんだぜ?」
隆文が促すと、小百合は自分の右手でクリトリスを愛撫し始めた。
「こんな風に…?あぁン…!」
そして小百合の秘所からは更に愛液が溢れ出す。
「そんなに見ないで…恥ずかしい…」
隆文が指で秘所を広げて見せると、小百合のクリトリスは自分の指に刺激されてピンと起立していた。
指を左右に激しく動かし、隆文は小百合のGスポットを擦る。
「あぁンッ!!は…ッ…!そんなされたらイッちゃうよぉッ!!」
小百合の下半身はビクビクとと痙攣し、尿道からピュッピュッと潮が噴き出した。
「ああぁぁぁ…ッ!!」
喘ぎ声が山中に響き、小百合は絶頂に達した。
「今、小百合の声の山彦聞こえたか…?」
きょとんとした顔で隆文は小百合の顔を覗き込む。
小百合は顔を真っ赤にして首を振り、
「そんなの聞こえてないもん!」
と、強く言い張った。
「でも…今の声で誰か来たりしないよね…?」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル