☆淫美な景色

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
ホテルの部屋に入るやいなや、彼は私を後ろから抱きしめた。
彼の匂い…強い力…彼の興奮した吐息…
ソファーでまずはゆっくり…
なんて私の考えは、はなから彼には通用しなかったんだ。
後ろから回った彼の手が、私の胸を強く揉みほぐす。
彼は手を使わず私の髪の間を掻き分け、耳たぶをみつけると、舌でベチョベチョにする。
胸はまだまだ強く揉まれ続け、たまに摘まれる乳首に感じて腰が引けてしまう。
耳はもう彼のヨダレでびちゃびちゃで、予告もなく思い切り噛まれると、声をあらげてしまう。
『あぁっ!いっ…いたぃ』
私の『痛い』の一言で、私の上半身は剥ぎ取られ、そのまま後ろからいたぶられる。
彼の両手は私の乳首をしっかりと摘み、ねじり、引っ張り上げる。
『キヒィ…乳首痛いのぉ』
と熱い息と一緒に吐き出すと一層強く乳首は摘まれる。
そして耳も思い切り噛まれる。
『痛い…痛い…あっぁあんっ…いぃ…痛い…ん…』
耳元でベチョベチョという音と私の痛みを訴える声に興奮している彼の荒々しい呼吸。
やっと彼の口から耳が解放されたかと思うと、今度は唇を吸い取られるようなディープキス。
チュブッジョブ…と一瞬でヨダレまみれになってしまう。
その間も私の乳首は彼の指でもてあそばれ、赤くビンビンになっている。
この行為だけで、私は自分のパンティーが湿っているのを確信している。
毎回のことだが、この行為をされると、グチュグチュになってしまう。
そして、それを彼は嬉しそうに確認する。
片手を乳首から離すと、スカートの中に手を突っ込み、パンティーの上から確かめる。
『あ〜あ。パンティーがグショグショだよ。溢れ出てるよ〜』
と嬉しそうにパンティーの上からクリトリスをこねてくる。
『んふぅ〜触って!パンティーの中に入れて…!』
私はもう我慢は超えている。早くグチュグチュのまんこを掻き回してもらいたいのだ。
すると彼はスカートとパンティーを脱がすと後ろから私に見えるようにクリトリスをこねる。
『ほら、見てごらん…こんなにクリトリスが大きい…こんなに勃起して…ほら…』と言いながら、勃起して親指以上になってしまったクリトリスを剥き出し捏ねくりまわす。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル