〜倒錯〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
膣の奥…子宮の入口の所に洋平クンのモノが当たってるのがわかった。
「ぁ…深いよぉ…」
私がそう洩らすと、洋平クンの動きが急に速くなった。
「ヒッ…ハァ…あぁン!!そんな…されたら…イッちゃうよ…ぉ!」
気持ち良すぎて、私の意思とは関係なく全身が細かく震え出す。
私が仰向けになる時、私の中で洋平クンのモノが横に回転した。
今までは縦にしか擦られたことが無かった所をいきなり横向きに擦られて、今までとは違う快感に一瞬イキそうになる。
「ぁ…ダメぇ!!おかしくなっちゃうぅ!!」
私が身をよがらせて暴れると、洋平クンは私の足を持ち上げて、上から覆い被さるように私を押さえ付けた。
身動きを取ろうとしても洋平クンが上から圧し掛かってるから逃げられなくて、私のアソコには洋平クンのモノが突き刺さったままになってる。
「気持ちイイ?律姉?…俺も…もうイッちゃいそうだよ…」
洋平クンはそう言いつつもさっきから全然腰の動きを止めようとはしない。
「ぁン!ぁン!ぁン!」
洋平クンが衝く度に喘ぎ声が洩れて、その声もだんだんと大きくなっていく。
もうイク寸前だった私は膣に力を入れて、なるべく洋平クンのモノを締め付けるように頑張った。
「もう…!!出すよ!!」
洋平クンがそう言うと、私は洋平クンの胴に腕を回して力一杯抱き締めた。
「今日は…ハァ…大丈夫な日だから…中に出して…いいよ」
私がそう言うと洋平クンは最期に奥の奥まで洋平クンのモノを差し込んだ
「あ…ッ!!」
私がビクンと身を震わしたのと殆ど同時に洋平クンの熱い精液が私の中に注ぎ込まれる感覚があって、私もその快感で一緒にイッちゃった…。
イッちゃった後も暫くは二人繋がったまま、お互いの息遣いを感じていた。
洋平クンが抜くと、ドロっと白い精液が私のアソコから溢れる。
「気持ち…良かった…」
私のアソコが快感の余韻でピクピク動くと、また精液が溢れた。
いっぱい出たんだね…。
私は溢れ出た精液を指ですくってペロっと舐めてみた。
口の中に苦い味とあの匂いが漂ってくる。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル