〜調教2〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「やっ!?」
沙希が焦って足を閉じようとしたが男が足に力を入れていたので、アナルプラグを差しっ放しで力の余り入らない状態では閉じる事は出来なかった。
「や…恥ずかしいから…外はいやぁ…。」
沙希の股間の前側から手を入れてプラグをぐりぐりと動かした。
「ふっ…うぅん…いや…ぁぁ…。」
やっと落ち着いてきたと思われた物を激しく動かされてまたアナルがじんじんと痺れる。
男はプラグをぐっと押し込んた。
引っかかりのある部分まで飲み込んでしまいそうな程に奥まで押し込まれて、プラグを全部飲み込んでしまいそうになる。
「やっ、ダメ、取れなくなっちゃうからっ!」
男は気にする風も無く力を入れつづけた。
もう一押しすれば全部がアナルに沈み込んでしまいそうになる。
「ダメ、お願いします、もう止めて、本当に取れなくなっちゃう!」
男が力を抜いた。
沙希は願いが聞き入れられたとほっとしたのもつかの間、男は今押し込もうとしていたプラグを一気に引き抜いた。
「ひ、ぎぅっ!」
思わず声をあげる。意識せずに大きい声を上げてしまって焦って口を押さえる。
顔は真っ赤になってで涙が滲んできた。
男は引き抜いたプラグを沙希の顔に近づけて、
「こんなものが君の中にずっと入っていたんだね。」
と言った。
目の前に近づけられたプラグはてらてらと公園の明かりに照らされて光っていた。
男は沙希のアナルに指を這わせた。
沙希のアナルは今までプラグで拡張用プラグを差し込まれていたせいでぽっかりと開いたままになっていて、指を束ねて3本差し込まれても平気なくらいだった。
男は、
「もう平気かな。」
とつぶやいて、沙希を膝から下ろしてズボンの前開けを開けてペニスを引き出した。
「舐めて。」
短くそう言った。
沙希は言われる通りに男のペニスを口に含んでフェラチオし始めた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル