気分転換

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「早漏とかいっておちょくってくれたお返しにちょっといじめたかっただけさ」
そう言うと矢口は再び後からペニスを突き刺す…!
「いじわる…ん…っ…あっ!!」
真琴の声を遮るかの様に矢口は勢いよく腰を振る。
再び真琴の膣からは愛液が溢れ始めた。
グチュッグチュッ…!いやらしい音が響く…。
矢口は体勢を入れ替え、下から真琴の体を突き上げる。
「やっ…あっ…」
伊達にスポーツマンではない。
矢口は真琴の体を軽々と持ち上げると体勢を入れ替えた。
下からの突き上げに真琴は一層声を荒げる。
「やっ…だ…よぉ…」
下から突き上げられているせいで、言葉が断続的に聞えてくる。
「嫌なのか…?」
「嫌じゃないけど…っ!この体勢…は…ぁっ…!嫌なの!」
景気よく下から攻撃していた矢口は、その動きを止める。
そして後から真琴の首筋に下を這わせた。
「何で嫌なんだ?」
矢口の問いかけに、真琴は、
「ハァ…だって…顔が見れないんだもん…。後からされるのって、あんまり好きじゃないんだ…」
と、微かな声で応えた。
矢口は真琴の頭を優しく撫でると、ごく普通の正常位に体勢を変え、ペニスを割目に押し当てた。
「先にイッた方が負けだって約束、忘れるなよ」
そう言うと矢口は一気にペニスを真琴の膣へ押し込んだ。
「はぁん…!!覚えてる…よぉ…わたしが言ったんだもん…」
そう言うと真琴は矢口の首に腕を回し、しがみ付く。そして賢明に膣を締め、矢口のペニスを刺激し始めた。
「…っぁ!いいぞ、真琴…っ!!」
矢口はペニスを出し入れしながら歯を食いしばり、ペニスの括約筋を必死に締めていた。
「ハァ…ハァ…ハァ…!い…イッちゃいそう…」
真琴の口からそんな言葉が洩れた。
矢口は今だとばかりに激しく腰を振った。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル