ホストクラブ(1)

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺はホストクラブ「MIYABI」のNo.1ホスト・ハヤト。
女に夢を売る…といえば聞こえはいいが、実際には客にどれだけ金を落とさせるかという、汚い世界だ。

俺には何人かの太い客がいる。
その中でもリエという女は一晩で100万以上は落とす上客だ。
大抵の客が俺にセックスを迫るなか、リエは週に3〜4日来店して遊ぶだけ。
俺に一切の見返りを求めない。

そんなリエとの付き合いが3年くらい続いた頃、リエに「お前、俺と寝たくねぇの?」と聞くと、リエは「だって…ハヤトとHするの恥ずかしいし…」と顔を赤らめて答えた。
俺は無性にリエを可愛いと思ってしまった。
その晩、俺はリエを誘いドライブがてら房総へと車を走らせた。
こんな時間だ、誰もいるはずはない。

海沿いに車を停め、リエの首筋に舌を這わすとリエの喘ぐ声が車内に響いた。
ブラウスのボタンを1つずつ外すと、黒いブラに収まりきらない白い胸が覗く。
俺は下へ手を伸ばし、リエのオマ●コに触れた。
じっとりと湿ったリエのアソコからは、蜜が溢れ出していた。
俺はリエのオマ●コに人差し指をいれた。
「…ハヤト…いや…」
「いや?1本じゃイヤなのか?」と俺の中指も入る。
「ちが…あぁっ!」
オマ●コをかき回すと、指の動きにリエが反応する。
俺は助手席に座るリエにまたがり、リエの両足を持ち上げるとゆっくり自分のモノを突っ込んだ。
リエの喘ぎ声が一層激しくなる。
リエの上半身を起こし、恥ずかしがって見ようとしないリエに、つながっている部分を無理やり見せた。
リエのオマ●コが俺のモノを飲み込んでいる光景…。
いやらしいものだ。
「中に出していい?」
「ダメだよ、中には出さないで」というリエ。
俺は「だめだ!出る!」
逃げるリエを押さえつけ、俺はリエの中にザーメンをぶちまけた。

リエは中出しをされ、少し怒ってるようだ。
俺が「家まで送るから、少し寝てろ」と言うと、リエは静かな寝息を立てた。
この後、何が起こるかも知らずに…。


[ハヤト 箸]
この作品の著作権は「ハヤト」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル