高校2年

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「オレでよかったら」
しかしその日に返事は来なかった。
次の日の朝、いつも通りの時間に登校していると、後ろから誰かに背中をおもいっきり叩かれた。
「おっはよう!!」
と、女の子の声が聞こえた。
彼女の名前は亜里沙、結構かわいい幼馴染みだ。
しかしお互い携帯のアド、番号を知らない。
知る必要がないからだ。
お互い何歳までお漏らしをしていたかまで知っている関係だから、恋愛感情なんてものはないと、少なくとも伸一は思っていた。
「イッテーなぁ!!ったくもう少しは女らしくしろよな。」
「こんな美女に対してそんこと言うのアンタぐらいよ。」
確かに学校で一番モテる奴にも告られたって噂もある。
「じゃあなんで誰とも付き合わねぇんだよ。」
「そ、そんなことどーでもいいじゃない。」
亜里沙は何故か顔を赤らめた。
そうこうしている内に学校に着いた。
学校では亜里沙と話さない。
それは、亜里沙に隠れファンがいるからだ。
過去に亜里沙と親しく話していた奴がソイツらにイタズラをされたのを何回も見ているから余計に話しにくい雰囲気になっている。
「じゃあ」
とだけ言って、自分の教室に入った。
その日は何事もなく放課後まで例の高校2年の事を忘れていた。
家に帰ってベットに倒れるとほぼ同時に携帯がなった。
昨日見たアドだった。
その時やっと高校2年さんの事を思い出した。
「あっ…そういえば送ったんだった。」
メールを開いて確認してみた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル