高校2年

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「昨日はメールありがとうございます。実は…すいません。私好きな人がいて、その事で相談したかったんです。」
別にオレもこんな出会いで付き合ったりなんて嫌だった。
「別にかまいませんよ。」
「ありがとうございます。では早速聞いてもらえますか?」
その日は100回以上もメールのやりとりをした。
彼女は好きな子と学校へ行く間しか話さないらしく、しかも彼女 にはストーカー的な奴がいるみたいで学校ではなかなか話せないらしい。
とりあえずオレは学校でも話した方がいいとだけ言った。
次の日、いつもテンションの高い亜里沙を見掛けなかった。
そしてそのまま学校へ行った。
その日いつも通りの時間に弁当を食べ終えて、一服ついているとドアの方から
「し、伸一…ちょっと」
と亜里沙が読んでいる。
オレは焦った。
いつ、どこで亜里沙ファンが見ているかわからないからだ。
「ちょ、バカ、お前学校では、」
そこまで言ったところで腕を引っ張られた。
そのまま屋上まで連れてこられた。
「何があったんやて!!」
当然の質問をした。
「別になんにもだよ。」
「はっ??」
予想外な返答に情けない声が出てしまった。
「じゃあなんでこんな所に連れて来たんだよ??」
「ゆっくり話がしたかったからさっ!!」
等と呑気な事を言っている。
「今さらお前と話す事なんかないだろ!!学校じゃあ話しかけんなって!!」
そう言ってクラスに戻った。
学校が終わり家に帰り夕飯を食べ終えて部屋に戻り、携帯を見るとメールが来ていた。高校2年さんからだ。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル