高校2年

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「もう、お願い…我慢できない。」
これを聞いて伸一はさらに興奮した。
「オレでいいの?」
「伸一だからいいの。」
そのまま亜里沙の秘部に自分の物を近付けた。
勢い良く突くものの横にそれて、2、3回目に穴をつきとめ挿入する。
「ツッッ!!」
「痛い?」
「私は大丈夫だから…」
しかし伸一には亜里沙を思ってやる余裕はなかった。
どうしても動きが荒くなってしまう。
しかし苦痛の声を上げていた亜里沙だったが、だんだん痛みより快感の方が強くなってきたみたいで徐々に甘い声に戻っていく。
「ふぅん…あン、ア…ん」
伸一の腰の動きに合わせて亜里沙はお尻を動かす。
「あぁ…イイ…もう…だメ…イッちゃうぅ…」
「オレも…もう」
「一緒に…一緒に」
「あぁああぁぁあぁぁ」
2人は同時に絶頂に達した。亜里沙から自分の物を抜いて。
そのまま2人は並んでベットに倒れ込んだ。
亜里沙が軽くキスをした。
「これからは学校で話してくれるよね?」
「いいけど、あいつらがうっとうしいな。」
「いいじゃん!!もしあれだったら付き合ってるって言っちゃえば!!」
「それは恥ずかしいな。」
これからの学校生活が大変になりそうだ。
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル