禁断病室

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
夜、夕食も終わりテレビを見ていると、一人の看護師がお膳を下げに来た。

「○○さん、お膳下げますね」

と声をかけ、俺の顔を見てニヤリとする。
俺は胸がドキッとした。
実はこの病棟で一番かわいい看護師の明香里(あかり)ちゃんだった。
この整形外科病棟はAチーム、Bチームに分かれいるらしく、主にAは4人の大部屋担当、Bは個室や2人部屋担当らしい。
だから個室に入院しなければ出会うこともない、

「いつ見ても、かわいいな、あんな子とやりて〜〜」

と俺はつぶやく。
そして20時ごろ消灯前の検温に来た。

「○○さん、体温計お願いしますね」

かわいいな、スラッとした脚、ぷりっとしたお尻に、セクシーなくびれ、そしてDかEぐらいの胸、どれをとっても超一級品だ、なんて考えていたら、ヤバい俺の息子が元気になってきた。

「お代わりはないですか?」

俺は冗談で、

「なんかココが膨らんできたんですけど?」

「そこはちょっと無理ですよ、彼女にまた処理してもらって下さい」

と笑い部屋から出ていった。
うん?ちょっと待てよ?今?彼女にまた処理してもらってって言ったよな?またってことは?見てた?ヤバい、もぅ明香里ちゃんと合わす顔ねぇじゃん。
まぁくよくよしてもしょうがないかと思い煙草を吸いに1Fへ。
30分ぐらいして戻ろうと廊下を歩いてると、

「○○さん、止めて下さい、アッアッだめ〜、ここは病院ですよ」

とあるドアの向こうから明香里ちゃんの声が聞こえてきた。
俺は病室を覗こうと思った瞬間、ガラガラと扉が開いた。
そして明香里が出て来て、

「あっ○○さん」

とビックリして走って行った。
俺もとりあえず部屋に戻った。
すると消灯になった後に明香里ちゃんが部屋に来た。

「○○さん起きてますか?さっきはごめんなさい」

「別にいいよ、でも明香里ちゃんも大変だね」

「実はあの人は知り合いなんです」

「そうなんだ」

「実は私、看護学生の頃デリやってて、その時のお客様なんです、病院には黙っててくれませんか?」

「あぁいいよ、言わないから」

「ありがとぅございます、ちょっとこっちに来て下さい」

と言われある部屋に連れて行かれた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル