禁断病室

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「入れるよ、あぅ〜〜、入った〜〜」

永田さんは我慢を解除したかのように、自らまたがりち●ちんをマ●コに挿入し腰を振る。
そして大石さんは自分の指を舐め回し永田さんのアナルへと指を挿入した。
すると永田さんは

「ダメ〜〜、佳奈ちゃん、そこはダメ〜〜、アッ、アッ、アッ」

「先輩、気持ちいいでしょ、ほら、顔が感じてるょ」

「佳奈ちゃん、ダメ〜、あぅ〜〜」

「そんなに嫌なら指抜くょ」

「ダメ〜〜、抜かないで、気持ちいい〜〜、激しくして〜〜」

「ほら、やっぱり気持ちいいんじゃない、先輩、アナルが疼いてるよ」

「佳奈ちゃん、いぃ〜〜、いぃ〜〜、アナルいぃ〜〜」

俺は下からバンバンに突き上げ、大石さんは指でアナルを刺激し、永田さんは腰を振りまくる。
俺は我慢できず、

「永田さん、俺、イク〜〜」

「中はダメ〜〜、中はダメ〜〜〜」

「うぅぅぅ〜ドビュ〜ドビュ〜」

永田さんはそのまま俺の上に倒れた。
俺もち●ちんを抜かず、しばらくはそのまま入れ放しにした、大石さんは、

「先輩、気持ち良かったでしょ?私、女の子大好きなの、女の子の感じてる顔見るとゾクゾクとしちゃうの」

と言いながら永田さんの透き通った白い背中に、キスを何回も舐め回しながらした。
しばらくすると永田さんは起き上がり自分のアソコを拭きはじめた。
俺のち●ちんは大石さんが綺麗に拭き取った。
そして永田さんが起きあがり、

「○○さん絶対に秘密にして下さい、佳奈ちゃんもだよ」

といい部屋を後にした。
俺もこの真夜中の病院での秘密事に満足した。
その2日後に無事に退院した。
今では明香里ちゃんと佳奈ちゃん(大石さん)とはたまに連絡仕合い今でも・・・・。


禁断病室 (完)


[アクア 箸]
この作品の著作権は「アクア」さんのものです。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル