子どもの保護者と

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私は保育士をしています

私が担任を持つクラスの卒園式の次の日
お別れ会と称して保護者が飲み会を開いてくれました
普段はあまり送り迎えに来れないお父さん達も、最後ということで何人か参加していました
保護者に囲まれては、なかなか心からリラックスするわけにもいかずほどほどに飲み、三時間程で会は終了になりました

帰り道、全くの偶然ですが違うルートで歩いていたお父さん二人組、IさんとSさんに遭遇
男同士飲み直そうとなったようです
私も誘われ、最初は断りましたが、結局一緒に飲むことに
今度は強引にかなり飲まされ、いつのまにか寝てしまったのです

目が覚めると、知らない場所で寝ていました
驚いて起き上がるとお父さん二人組が飲みながら話しています
場所はホテルのようでした
(やってしまった)
焦っておぼつかない足取りのまま部屋を出ようとすると、強引に引っ張られベッドに押し倒されました
Iがキスをし、すぐにSがお尻を触ってきました
「やめ…て」
キスの合間に何とか叫びます
「今更そりゃないよ、先生」
「子ども達がお世話になったお礼ですよ」
勝手なことを言いながら、2人はあっと言う間に私の服を全てはぎ取りました
「想像以上にいい体ですね」
Iはそう言って乳首をいじり、Sはクンニを始めました
「ん…あっやっ」
酔った体が敏感に反応してしまいます
「大丈夫、もっと感じて先生」
Iに耳元で囁かれゾクゾクした快感が背中を走ります
(こんなこといけない)
わかってるのに、2人のお父さんの攻めに体は感じるばかり
「あぁぁっ!」
Sがクリトリスを舌で捉えた時はそれだけでイキそうでした
スブブブっとSの太い中指がはいってきました
舌ではクリトリスを転がし、指は激しく出し入れされ、Iは乳首や首筋を舐め回します
「ひぁぁっやめっ」
「んぁぁぁあ!」
声がとまりません。もう訳がわかりませんでした
「らめぇっイクっイクー!」
プシャァァァ
腰をふるわせたまま初めて潮をふきました
「イッちゃっね先生」
「潮まで吹いちゃったし」
そう言いながら体制を変えられ、Iがバックで挿入してきました
「あっあっあっ」
うつろに喘ぐ私の顔を持ち上げ、Sはフェラさせます
じゅぽっじゅぽっ
私の両方の口からいやらしい音が響きます
「やっまたっイクイッちゃう!」
ビクッビクッと体が震え再び果てました
「先生、中がヒクヒクしてるょ」
「今度は俺ね」
正常位でSのモノが挿入されました
ゆっくりだったり、かと思えば早くなったり、緩急をつけた攻めにまた絶頂が近付いてくるのがわかりました
Iは、再び私の乳首やわき腹を舐め回し、クリトリスを指でこねます
「あっいぐぅっ!もういやぁ!」
「はぁぁぁぁぁぁん!」
声にならない声をあげ果てました

その後はあまり記憶がありません
とにかくイキっぱなしにさせられました
あんな刺激的な体験は後にも先にもあの時だけです。

[ゆぅ 箸]
この作品の著作権は「ゆぅ」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル