体育の補習で

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私ゎ中2の高橋みかです。私ゎ泳げなくて体育も見学が多かったから夏休みに入る前に今日ゎ放課後、プールの補習です。

スクール水着に着替えてプールに行くと、西田先生もちょうど来たみたい。
プールに入って補習の始まり。
「じゃあまず壁に手をかけてバタ足の練習だ」
私ゎ先生の言う通り一生懸命バタ足をしてみる。
「もう少し背筋を伸ばして」そういうと先生の手が私のまだ膨らみかけたBカップの胸の下のお腹の方からそっと持ち上げてきた。
「あっ…」男の人に体を触られたことのない私ゎ一瞬声が出そうになった。
「今度ゎお尻を上げすぎだ!」そう言うと先生ゎ右手でお腹の上のほうを下から押さえながら、左手で私のお尻をそっと押さえてきた。
「ぁん…」なんだか変な感じ。だんだん先生の左手ゎ私のお尻を撫でるようにゆっくりと動き、右手もだんだん胸の方に近づいてくる。
私ゎ体が熱くなってきてへんな感じ。だんだん私のまだ毛もはえそろってない部分もあつくなってくる。 「あっ、あぁぁ…」だんだん先生の右手ゎ完全に私の胸を優しくなでまわしてくる。
でも私ゎ声を我慢して必死でバタ足を続ける。
だって先生ゎ絶対の存在だから、逆らえない。
一生懸命バタ足を続ける。でも体凄く熱くなってきて、私のあそこもジンジンしてきた
すると先生の右手ゎ水着の中に入ってきた
「あぁぁ…」私ゎドキドキして体があつぃ。
そして先生の右手が私のピンクで誰にも触られたことのない乳首に触れる。
次第に先生ゎ私の胸を直に揉みだし、左手もお尻の横から入ってきた
私ゎ声を我慢してそれでもバタ足を頑張るの。
そして先生の左手ゎそっと私のピンクの割れ目をなぞってきた
「あぁぁ、あぁぁん…」私ゎこらえきれず声を出してしまい、バタ足もできなくなって先生の右手にしがみついた。
先生も息をきらしながら言う「よし高橋、今度ゎ保健体育の勉強しよぅ」私の耳元でささやく。
そういうと先生ゎ私を壁に向かって手をつかせ、後ろからくっついて私の体を触りながら、そのまま両手で私の胸を揉みだした
「あぁぁ…」急に私のあそこが熱くなり中から暖かいものが溢れてきた。
お尻にゎ先生の堅くて熱くて大きい物が当たってる。先生のそれゎ直に後ろから私お尻の割れ目をなぞりながらあそこの割れ目の方にもこすりつけてきた
私ゎ頭がへんになりそう。そしてとうとう先生のそれゎ、後ろから水着をずらして、私のピンクのあそこに入ってきたぁ
さきっちょだけがゆっくりと入ってきて、ちょっと痛かったけど、私ゎ頭がへんになりそうで凄い気持ちよくなっちゃったの。
「あぁ、先生、凄い…気持ちいぃ…」
でも先生ゎ無言でゆっくりとさきっちょだけ私の割れ目を出し入れしながらゆっくりゆっくり、深く入ってくる。
そしてとうとう私のピンクのあそこゎ先生の堅くて熱い物を根元までぎっしりとくわえこんだ
先生の息が荒くなるのとともに、先生の物ゎゆっくりと出し入れを続ける。
「先生…私、へんに…へんになる…あぁぁ」
先生のスピードゎどんどん早くなる。
「よし、高橋、いくぞぉ…」「あぁぁ…先生」さらに加速する。
「あぁぁ…あぁぁ…」「うぉぉお…」その瞬間、先生の物ゎ私の一番奥までついた瞬間、私の奥に勢いよく熱いものが飛んで来たのがわかった。私ゎ頭が真っ白になった
先生ゎ私にくっついたまま、先生の物がびくびくしてるのがわかる。
「よーし、高橋、よく頑張ったな、合格だ」「もう一回保健体育の補習続けるか?」先生ゎ冗談ぽく言った。
「はぃ…もぅ一回」先生にゎ逆らえなぃ、を理由にもぅ一回してもらいたぃ私でした

[みか 箸]
この作品の著作権は「みか」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル