魔法チン☆ボッキータッチー

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「オレにもやらせろ〜!!」
僕、いやオレは、男に向かって突進し真島先生から引き離した。男は地面に転がり、その髭面が泥だらけになった。
「てめぇは何様だあ!!いや、名を名乗る時は自分からっていうよな。オレは『イエローパンツ』のメンバー、シリフェチナメ男だ!邪魔するんじゃねぇ!!」
怒ったイエローパンツのナントカが横で何か言ったようだが、もちろんオレはそんな奴に構ってなんかいられない、無視してやった。早速先生にまたがり、パンツを下ろし、ステキな穴に入れようとガチンガチンになった肉鉄棒を挿入しようと構える。
「イテッ!」
が、そう簡単にはうまくいかないようだ。イエローパンツのナントカと名乗った男に横から蹴りを喰らい、今度はオレが地面に転がってしまったのだ。思わず怒声が腹の底から飛び出す。
「何しやがる!」
そんな言葉、以前の変身前のオレではとても言えない。『Bokkey2006』はカラダだけでなく性格まで変えてしまうらしい…
「それはこっちのセリフだバカタレ!!その尻はワシんだ!!」
イエローパンツはそう言って再び先生にまたがった。右手を尻のワレメに挟み込み、上下に動かして擦りはじめる。
「う〜ん、あんあん」
先生は声を出して喘いだ。こんな奴にやられて気持ちがいいのだろうか。見ているとちょっとムカつく。
「いいねえ、いいねえ〜」
宮本がカメラを持ってその様子を横から撮影し始めた。コイツ誰の味方だよ!!
「ふざけんなあ〜!!」
怒ったオレはイエローパンツを背中から羽交い絞めにし、地面に叩きつけた。すると今度はイエローパンツが起き上がってオレに突進し、腹に何発もパンチを繰り出してきた。いでででで!やめやめやめい!イエローパンツの打撃力はなかなかのもので、筋肉でカチカチになったオレの腹にもけっこう効いた。スピードも速い。反撃できるタイミングが見えず、だんだん焦ってきた。
「あたたたたたたたた」
このままやり続ければ負けるかもしれない。ていうかこんなケンカ業務もあるなんて話は聞いていない。これも男優の仕事なのか?聞こうとオレは宮本の方を見た。すると
『ボッキータッチー、アレを使うんだ!君のタマには必殺技が仕込まれている!』と書いたスケッチブックを、宮本がこちらに向けて上げているのが見えた。カンペのつもりらしい。さらにスケッチブックがめくられる。
『タマ袋に神経を集中して』
『サオを掴んでグルグル回す』
『それでサオが白く光り出したら』
『必殺技『カルピS』が出せるから、それで敵を片付け』
『ろ!』
くそう、口で言ってくれればいいのに。内心不満に思いながらも、早く敵を倒したいので指示通りタマ袋に神経を集中させた。必殺技を出そうとサオをグルグルとひねる。う〜ん、まだか、まだか…
だめだ、回し方が悪いのか、サオは全く光らない。それにあんまし気持ち良くもない。
「宮本さん、だめだ、壊れてるんじゃないか!?」
殴りかかってくる敵の攻撃を必死で避けながら大声で宮本に聞いた。ところが宮本は真島尚子の尻を撮るのに夢中で聞こえていないようだ。
「おい、ちょっとコレどうすりゃ…レ?」
----------------
<< <[*] 4 5 6 7 8 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル