幼なじみ1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
啓太がサッシの窓を開けて入って来た。
「け、啓太…なによ…いきなり…」
「えぇ〜?いきなりって…何時もの事じゃん」
啓太と菜々は同い年で幼なじみだった。
家も隣同士で、幼稚園から高校まで全く同じ所へ通った。
お互い独りっ子だったのもあって兄妹の様に育って来た。
風呂だって小学校の4年生頃まではよく一緒に入っていた。
俗に言う腐れ縁…ってやつである。
啓太は小学生の頃から菜々に用事があると、玄関を使わず1メートル程しか離れていない2階のベランダ越しにやって来るのだった。
「おまえ…どうしたんだ?具合でも悪いのか?…顔が真っ赤だぞ」
啓太はベッドへ近付くと菜々の額に手を宛てた。
「な、なんでも無いよ…」
菜々はしどろもどろに返事を返した。
「熱があるんなら、ちゃんと布団掛けなきゃだめじゃん」
啓太はそう言うと、菜々に布団を掛けてやるつもりで、タオルケット引っ張った。
「あっ!やだ」
「え…」
啓太は唖然となった。
柚木も固まってしまった。
「菜々…お前… オナニーしてたのか?」
啓太が臆面もなくそう言った。
菜々は顔から火の出る思いだった。
「…バカぁ!」
菜々は涙目になっていた。
「…悪かったよ……まさかオナニーしてるとは思わなかったから…」
啓太はすまなさそうに頭をかいた。
「…で、菜々、途中なんだろ?…俺が手伝ってやろうか?」
啓太は無邪気に言った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル