Bショップにて

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「すみません…あのぉ…」
古びたビルの一室の扉を恐る恐る開き、絢は店員を探す。
お客とかがいたら恥ずかしい、とも思っていたが、店の中に人影は無い。
狭い店内には所狭しとビデオやビニール袋、制服などが陳列されている。
ビニール袋は真空パック(?)されていて、中にはくしゃくしゃになったパンティーやブラが入っていた
耳を澄ますと、微かにスピーカーからBGMが流れていた。
南国風の心地いい音楽だ。
絢が辺りをキョロキョロ見回していると、奥から店長らしい人物がのっそりと姿を見せた。
金髪にサングラス、Tシャツというラフないでたちだ。
遊び人にしか見えない。
「いらっしゃい、お嬢ちゃん。こういう店初めて?」
店長が軽い口調で絢に声を掛けた。
「あ…はい。あのぉ…その…」
「売りたいの?買いたいの?…なんてねー。買いたいなんて言ったらおじさんビックリだ。あ、俺は店長の西。よろしく♪」
絢がもじもじしていると、西はまくし立てるように早口でそう言う。
そして馴れ馴れしく絢の手を握るとぶんぶんと握手をした。
絢は
「女の子、よくくるんですか…?」
と訊ねてみた。
「ああ、いっぱい来るよ〜。よっぽどお金欲しいんだろうねぇ。しかもお客さんの前で脱いでいくんだ。その方が高く売れるからね。君は?どうする?売るだけ?見せもOK?」
絢の質問に、西は大げさなリアクションで答える。
「え…見せたら高くなるの?」
絢の目が光る。
「もちろん!…でも、この時間はお客来ないから今日は無理かな〜。今日は売るだけにしてもらおうかな」
西のその言葉に絢は少し落胆した様子だった。
西はそんな様子を見逃さない。
「で、どんなの穿いてるの?」
「きゃ!?」
西が突然スカートをめくり上げたせいで絢は甲高い悲鳴を一瞬上げる。
西はニヤリと笑ってスカートの中を覗き込んだ。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル