偶然の出会い

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ひゃぁっ!」
男の唇、舌が乳首を敏感にしていく。
「ん…ん、やぁ…やめてっ!」
いくら声をあげても、この通りを歩く人はいない。
その間にも男はリサを蝕む。男の手が胸からくびれ、太股を這って行く。
リサの体が震えている。恐怖と微妙な快感が押し寄せていた。
「もっと乱れてみ?」
男の手が陰部に…。
「ヌルヌルじゃん。」
リサの大切な所を優しく転がして行く。次第に、クチョクチョといやらしい音が鳴り出した。
「感じてるんだ?」
「っあぁあっっ!」
男の手がリサの中に入ってきた。
頭が朦朧としてくるのがわかった。
少しして指が抜かれ…ブーと不気味な音がするものを入れられた。
それは太く、先が尖っており、クネクネまがるものだった。
「んぁっ!あぁっあ、いゃぁ…あっ!」私は喘ぐしかありませんでした。
「いい顔してるなぁ」
知らない男が目の前にいるのに、理性を手放してしまったのです。
「んん…っあぁ…あぁぁんっ!ぅんっ!」
私は限界でした。
「あ、あ!ダメ!!あっいやっ!ダメ!イク!いやぁぁ!」
私は涙ながらに男に訴えました。男はニヤっと笑い…太くクネクネまがるものをさらに、奥に突き刺してきました。
「っあぁああんっ!!!はぁ…ぁぁあああっっ!!!!!」
私は足がガクガク震えて座り込んでしまいました。
愛液が太股を伝っています。
男は自分の大きくなったものを取りだし、リサの口に入れました。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル