変態母子の背徳

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
その時、ガチャ。ただいまー。と妹が学校から帰ってきた。
「?!ママ!お兄ちゃん!何やってるの?!」
ズブッスブンっ「あんっいぃ!」
既に快楽の虜になっていた母と僕は
「あら、帰ってたのね。見ればわかるでしょ?ママとお兄ちゃんは…セックス…セックスしてるのよぉ」
「母さんは僕だけのモノだ!」チンポを更に突き刺す。ズパンっズバン
「あはは…父さんも妹のお前も邪魔だよ。ねぇ母さん?」
「ええ…そうよ。和樹のチンポはママだけのモノよ…。それ以外は何もいらないわ!」
「さあ、和樹…あの子にママ達の本当の姿と痴態をみせてあげましょう…。」
「嘘よ…何なのコレ…こんなの何かの間違いよ…ママとお兄ちゃんがこんな…」妹は泣きながら家を飛び出して行った。
この時、母と僕の頭の中では父は長期出張中で暫くは帰らないし、妹は出ていって、邪魔モノは消えたと思い…見つめ合いながら危険な笑み浮かべた…。
母は僕のチンポを「んはぁ チンポ美味しいわぁ」と言いグチュグチュベロベロ舐め続ける。僕は母のマンコとお尻の穴を「母さんのマン汁うめぇ 母さん!母さん!」と叫びながらマンコを舐め続けお尻の穴も舐め続けた。
母さんも僕もその表情は既にまともじゃなかった…。いつまで経っても妹は帰って来ず、深夜になっても明かりがついてる僕たちの家では只、近所や外に聞こえるくらいの喘ぎ声が響いていた…。
「和樹ぃ! ママにもっとぉ精液かけてぇぇ!」
「一生分の精液使って何回何度でもかけてあげるよ母さん…」
ほらよ、スボっ「ひぎぃ! あははははっ和樹のチンポがママのお尻の穴に根元まで入ってるぅぅ」
「母さんの尻穴…ガバカバに開きっぱなしになるまで犯してやるよ!」

「そうよぉ。和樹ぃ…メスブタとオスブタの変態母子の末路はまだまだこれからが本番よぉ…」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル