0と1の向こう

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「あっ、ごめん…。」
「やだぁ…恥ずかしいな…自分のサイトのファンが居たなんて信じられない…。」
綾姫さんは顔を赤くして俯いていた。
信じられない様子で目を丸くしていた。
コーヒーのスプーンをぐるぐるとかき混ぜていた。
それから話が弾んだ僕らはどんどん仲良くなっていった。
携帯の番号を交換したり、メールアドレスを交換したり、授業のある日はいつも終わった後にネットカフェでお茶をして、お互いの趣味を語り合った。
家に帰れば相変わらずチャットをして、最後にはいつも二人が残って二人きりの会話を楽しんだ。
片時も離れている気がしない、家に居ても学校に居ても会える。
二人の距離は急激に縮まっていった。
ある日僕らはいつものように、夜中の二人だけのチャットを楽しんでいた時、僕が見つけたWebサイトの片隅にあった広告を彼女が押した。
どうもアダルトの広告だったようで、女の子とチャットしたり、電話したり、お互いが気に入れば会ったりも出来ると言うような内容の物だった。
「こんなので出会ったりってあるんでしょうかね。」
「う〜ん、無い事も無いんじゃないかなぁ。」
「初めからHな事をするのが目的って事で会えば、いいんでしょうか。」
「まぁ、多分そうなんだよ。」
「そういうものですかね。」
「それにほら、僕らだってネットで知り合ったんだし、あながち無いとは言い切れないんじゃないかな。」
「そう言えばそうですよね。こんな不順な目的じゃないですけど。(笑)」
「そうだけどね。(笑)」
僕は何も考えずに、ふと思った事を言った。
「だってこんなチャットでって言っても、文章だけでそんなに盛り上がれるものかな。」
「どうでしょう、やった事なんて無いのでわかりませんけど…。」
「そりゃ、普通は無いだろうね。」
「あ、でも私、結構文章にのめり込んじゃう事あるかもしれません。」
「え〜。じゃあ僕が『Kazは綾姫のスカートに手を入れた。』って書いてみたらどうにかなる?(笑)」
その文章を打ち込んでから、しばらく間があってから返事があった。
返事はこう返ってきた
「なんか…変な感じがします…。」
----------------
<< <[*] 8 9 10 11 12 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル